区政報告周知ポスターのご協力有難うございます。

東京都北区議会議員の吉岡けいたです。

9月も本日で終了。本日より新しい区政報告周知ポスターの貼り換えで、北区内をお願いに回ります。

ポスター内容は、当方活動の状況が変わるたび、デザイン、弁士が変わる事があります。ご理解の事お願いいたします。

 

活動周知のポスターをお願いする事で、特に北区政が変わる事ではありません。

しかし、ご協力いただける世帯、区民の方が多くなるほど、北区の地域活動について新しい仕組みづくりの可能性が高まると考えます。

周知に協力いただける人が多くなるほど、北区の政治バランスが一新される。これは、自身の政策である「新しい仕組みをもって、地域支え合いの組織をつくる」事を広げる為に是非、ご理解、ご協力を頂きたい事となります。

今回の周知ポスターには、あえて区政とは直接の関係性が無い「時代に合った憲法改正を考える」というメッセージを載せました。この意図は、閉塞した北区政、地域福祉、産業、観光区政、町会・自治会、ボランティアセンター活動について、新しいやり方と仕組みを取り入れていきたいという気持ちを込めています。

いわば、北区議会において当方以外に「時代に合った憲法改正を考える」意思が感じられる会派、区議が自身の知る限り居ません。憲法改正を意図した意見書案提出に全会派が反対した事がその根拠です。北区という地域の特殊性を感じる部分。

よって、23区内でも一番、「憲法改正を考える事に後ろ向き」な区では無いのか?であるならば、憲法改正をテーマに、古い北区を守るのか変わるのか、有権者に判断してもらい、新しい北区を考える仲間を増やし、今までの閉鎖的で変革を求めない北区のイメージを一新するべきではないのか?そのために、あえて憲法改正というスローガンを言葉にして、改革派を集結するやり方もあっても良いのではないか?ならば、当方の活動周知ポスターを広め、北区の新しい仕組みを進めるか、現状維持(=後退)かで、YES・NOを争点とすべきだ。

 

上記の通りです。

10月以降も、協力依頼で北区内を回ります。目標は500枚です。ご協力お願いいたします。

なお、区政活動の目的はポスター貼りではなく、区政改革の有志をあつめ、区民の改革要望を区政に反映させることです。

 

 

吉岡 慶太(よしおか けいた)

1967年3月17日 北区上十条生まれ

私立帝京幼稚園
北区立王子第三小学校入学(転校)
北区立稲田小学校卒業
北区立神谷中学校卒業
都立北野高校卒
私立帝京大学卒業

大学卒業後、地域活性化に関わりたいという志望を叶えるため、平成2年4月に北区役所入庁。
以降、区役所職員として、広報課、税務課、区民事務所、福祉事務所において合計23年の公務員キャリアを積む。

特に福祉事務所では、生活保護ケースワーカーとして10年在職。多くの貧困課題、社会保障制度の問題点、不正受給の問題を認識する。

公務員として法律に定められた業務に専念し、社会の課題に何もできない立場に限界を感じ、2013年4月、北区役所を退職。社会福祉士として独立。

2015年4月、北区議会議員選挙に立候補、初当選(2775票)

妻と二人暮らし。北区神谷在住。

資格: 社会福祉士・精神保健福祉士・行政書士

吉岡けいたのNo.1


2年間・北区議会改革検討会において最多の11項目の改革テーマを提案!
・区議報酬増収の条例に反対
(H29年 与党会派(自・公・民)は報酬増に賛成)
・北区議会改革に区民アンケート制導入、議員同士の討論の場設置を提案!


・SNSで日々、区政情報を発信! ツイッター・ブログで区政最新情報を提供
当方ブログがヤフーニュースで掲載されました
・2017年1月 不正報道が続く政務活動費。解決できない理由とは?
・2017年4月 都議会に比べ、あまりにも改革に後ろ向きな北区議会
・区政レポート・区内全ての駅頭・地域を歩いての配布。スピードと活動量でNo.1


・個人質問(合計6回)と法案反対討論、質疑における質問・発言回数No.1
・審議会の情報公開が進んでいない指摘など、行政改革に向け厳しい質問
・消防団組織と町会について財務の公開を要求。委託費・助成金について透明化を
・憲法9条改正に向けた議論を北区でも考えるべき。区民の命と生活を守る質問


・2年間、毎月開催。北とぴあだけでなく、区内各施設・ホールで実践。
・今後、多様な団体・組織と提携し、北区改革チーム結成に向けた意見交換を進めます。


 

 


^