「未分類」カテゴリーの記事一覧

神谷地区、政策レポート配布終了⇒志茂1丁目へ

東京都北区議会議員の吉岡けいたです。 ブログカウントダウン100に挑戦中。62回目です。 ローカルな地元活動ネタ。 地元密着の活動、いまでもどぶ板と言います。東京23区にドブ板はほとんどないはず。少なくとも北区で、平成29年現在で見つけられません。しかし、響きは良いですね。 北区には30の町(地区)があります。そのうち神谷は3丁目まであり。本日にやっと神谷地区で政策レポートの配布が終了しました。 …

避難訓練は重要です。

北区議会議員の吉岡けいたです。ブログカウントダウン100に挑戦中。本日で53回目。 当方地元の神谷地区で「防災訓練及び炊き出し訓練」があります!10月29日日曜日の午前中。 しかし、同日同時間帯に神谷の消防団訓練もあります。 両方とも防災訓練であり、参加したいですが、身体は一つ。泣く泣くどちらかを選びます。 昨今、北朝鮮がミサイル発射を繰り返し、国民の命が脅かされている。こうした状況で、どの政党も …

一票の格差を求める国民の声は何%ですか?

北区議会議員の吉岡けいたです。 ブログカウントダウン100に挑戦中。今回で52回目。 今日も「一票の格差」について考えます。 「受動喫煙防止を求める」「ペットの殺処分ゼロを」「自然エネルギー増に向けた仕組みを取り入れたい」 政治家、政党は様々な政策を訴えます。 しかし、不思議と「一票の格差是正を実現します」という政策を訴え、公約に掲げる政治家・政党はあまり知りません。 実際に与党は、違憲判決を受け …

選挙制度の改革無くして日本再生無し!

東京都北区議会議員の吉岡けいたです。 ブログカウントダウン100に挑戦中。折り返し点を回り51回目。 本日は選挙制度改革を述べます。 まず、一票の格差について。地域間の人口数を勘案した一票の格差を2倍以内に抑えることが本当に憲法の平等を守るのでしょうか?憲法は居住移転の自由を認めているのだから、人口密度が高い地区に移転した結果、一票の格差が生じても、それは自己責任で合意があったと考えられないのか? …

高齢者虐待支援は緊急対応が必要です!

東京都北区議会議員の吉岡けいたです。 ブログカウントダウン100に挑戦中。本日が48回目。 今日はゴミ屋敷問題と町内会改革をテーマにする予定でした。 しかし、緊急で高齢者虐待ケースに関わったため、詳細ブログは明日以降に。 当方は社会福祉士でもあり、緊急でケアに入ることあります。 基本、公務が最優先、次に地域対応、議員としての仕事が基本。当然です。 その中で、社会福祉士としての業務もあります。議員に …

地方議会の意見書提出に関する勢力図 IN 北区東京 →

東京都北区議会議員の吉岡けいたです。 ブログカウントダウン100に挑戦中。本日で45回目。 地方自治法第99条により、国会に対して地方議会は意見書を提出できます。 地方公共団体の公益に関して、議会の意思を意見としてまとめた文書を地方議会から国にあげること。 意見書はただの「意見」にすぎず、法的拘束力は無く、国がどこまで参考にするか保証もありません。 しかし、なぜこうした制度があり、多くの地方議会が …

東京都北区 衆議院議員選挙 第12区

北区議会議員の吉岡けいたです。ブログカウントダウン100に挑戦中。38回目 本日より衆議院議員選挙が始まりました。 北区の国政選挙事情をお伝えします。   御覧のとおり、「公明党候補者」と「共産党候補者」のポスターのみ。 しかし、番号をみると「1番」が空いてます。 調べてみたら、東京12区(北区の他、足立区と豊島区、板橋区の一部を含む)では中村勝(まさる)という66歳男性が無所属で出馬さ …

区政報告会を開催しました!

北区議会議員の吉岡けいたです。 ブログカウントダウン100に挑戦中。本日で37回目となります。 本日、13時30分から2時間、北とぴあスカイホールにおいて、区政報告会を開催しました。 本日は新規作成した区民アンケートを配布、貴重なご意見をいただきました! 区民アンケートによる有権者ニーズの把握、陳情受け付け、いただいた要望を都と国に求める意見書作成、区政レポートの配布といった活動を進める方針を確認 …

区政報告会のお知らせ

東京都北区議会議員の吉岡けいたです。 2017年10月9日月曜祝日、13時30分から、北とぴあスカイホールで区政報告会を開催します。 今回、選挙直前の開催となり、人集めが出来ていません。少人数でも良いと思う方、是非、ご連絡の上、ご参加ください。 11月に第四定例会が開催されます。区民の皆様からのご意見、陳情をお受けします。当方自身も意見書提出に向けた検討を行います。 参加ご希望の方→申し込み sd …

組織ルール

北区議会議員の吉岡けいたです。 ブログカウントダウン100に挑戦中。33回目 組織として複数の人が集まれば、そこに必ず矛盾、非合理が生まれます。 そもそも当方自身、公務員組織の中にいて、その組織課題を解決するために退職し、政治の世界に入る決断をしました。 しかし、政治の世界にも組織はあります。議員イコール個人事業主のような面もありますが、政党、会派、議会は組織です。 社会変革に向け、法改正や事業、 …

^