本会議・個人質問します!居住支援協議会・成年後見利用促進・わが事丸ごと地域共生社会

東京都北区議会議員の吉岡けいたです。

ブログカウントダウン100に挑戦中。76回目。4分の3を超えました。あと24回。スピード上げていきます。

2017年11月22日個人質問の内容です。

吉岡けいた 質問順番1番目

1.北区の住宅支援について

居住支援協議会策定の計画予定はあるか?協議会設立に向けた準備状況はどうなっているか?

高齢者、障がい者、生活困窮者における北区の取組状況はどうなっているか?住宅課は関係所管課とどのように審議を行っているか

2.成年後見利用促進における北区の取組状況

利用促進基本計画、促進条例、審議会設立、中核機関設立の北区方針は?

市民後見人の養成の現状と今後の方針

3.我が事・丸ごと地域共生社会実現の区の取組状況

町会自治会との連携状況は?

地域の居場所マップ作成と情報公開の方法は?

基本、聞きたいのは情報と数字、データです。「前向きに検討中」「他自治体の動向を注視します」「国と都の取組をみながら前向きに調査します」→これらの答弁はできるだけ聞きたくないので、具体的な活動状況と具体的な数字をお答えくださいという質問文にしてます。

 

こうした予防策を行っても、なお「検討します」「動向をみながら他自治体の先進事例を集めます」「注視します」オンリーの回答があり得ます。この場合、再質問で具体的な数字、具体的な行政マスタープランにある計画事項について問います。

 

個人質問での質疑は行政の進行状況確認、姿勢について確認する仕事。

課題点、問題点について明確にできれば、地域活動につなげられます。今議会からは質問だけでなく、意見書提出も併せて行います。

 


^