「2019/02」の記事一覧

北区長の推薦について

4期16年、区長をされている花川よそうた区長から来る2019年4月の区長選挙における推薦依頼がありましたので、推薦させていただくこととしました。 推薦といっても、当方が選挙応援に入るわけではなく、何をすることではありません。ただ、推薦したからには、区長の個人批判などは今選挙においては行うことはありません。 推薦理由は、高齢とはいえ、長く地域団体との関係性、議会会派との関係性を築き、一定の安定継続し …

北区政レポート 2019年VOL.2 北区議会個人質問で行政に問う! 2019年第一定例会

区政レポートVOL .2についてもブログ版でお伝えします。 今月に開催される第一北区議会定例会ですが、下記の質問を行う予定です。   公務員の憲法擁護義務ほか憲法と北区政   公務員の憲法擁護義務について 北区は管理職研修、職員研修において時代に合った憲法改正を区政との関係でテーマとして取り入れるべきだ。無責任な国任せ、東京都任せという答弁を無くして欲しい。 区長会で課題として …

北区政レポート 2019年vol.1 意見書(案)提出!

区政レポートVol.1はブログ版として発行します。 今回、緊急レポートとして意見書3案を北区議会第一定例会期間に提出します。 吉岡けいたの意見書案なので、採択されるかどうかは各会派代表の政務調査会による審議を経て決まります。 取り急ぎ、水道事業民営化に慎重の求める意見書案を下記の通り行います。   水道事業民営化に慎重な対応を求める意見書(案)  日本の水道は復旧率が98%に達し、水道水 …

もし本当にNHKがぶっ潰されたら、待っているのは地獄?」

北区議会議員の吉岡けいたです。 先日もブログで投稿しましたが、「NHK受信料問題と放送法改革は地域課題です」 本日は、簡潔に「もし本当にNHKがぶっ潰されたらどうなるのか?」についてお伝えします。 「ウソや犯罪を繰り返すNHKに受信料を支払う必要はない」 「受信料を支払わなくてもよいように法令の改正をする」 これを政策にした公政党、公職たる地方議員の方もいらっしゃいます。 では、もし本当に「NHK …

憲法改正の速やかな実現及び国会審議を求める意見書(案)

東京都北区議会議員の吉岡けいたです。 タイトルにある通りの意見書案を2019年北区議会第一回定例会に提案します。 政務調査会において審議され、全会一致となれば本会議に提出され、北区議会から国に向けての提出がされます。 この意見書案は、憲法改正に否定的な共産党会派、立憲民主党会派が反対することは想定していますが、与党会派である自民党と公明党会派の賛成を得られたら採択がされるはず。 しかし、北区の政治 …

安易な水道事業民営化が生み出す地獄とは?

東京都北区議会議員の吉岡けいたです。 水道事業民営化導入を可能とする「水道法改正法案」が2018年12月6日に衆院本会議で可決されました。 すぐに自治体が運営していた水道事業が民営化となる訳でないにしろ、自治体が水道施設を所有したまま運営を民間企業に売却できる「コンセッション方式」が可能となり、今後、民間運営に切り替える検討を行う自治体がでてくることとなります。 ・「安全性の保障が無く、老朽化した …

3分で理解できる 地方から国政に取り組む3つのメリット

3分で理解できる 地方から国政に取り組む3つのメリット     東京都北区議会議員の吉岡けいたです。   本日は地方議員と国政についてお伝えします。   地方議員の仕事とは? 「道路に関する住民要望を役所に届け、補修するよう働きかける」 「行政チェックのため、行政計画書を取り寄せ、疑問点を本会議で質疑する」 「保育園入園審査に落ちた区民から適正審査について問 …

東京都北区の組織改正について

北区議会議員の吉岡けいたです。 平成31年度北区役所の組織改正がされます。 多様性を認め合う社会の推進を担うため、「多様性社会推進課」が新設 区民施設の老朽化更新に対応するため、「副参事 区民施設担当」の新設 プレミアム付商品券担当課長の新設。消費税引き上げに対する消費喚起を促すための組織改正 生活保護担当で、住所不定チームを解消し、住所不定者を今ある保護係で支援する編成 受動喫煙防止対策担当課長 …

NHK受信料問題は地方議員が考えるべき地域課題なのか?

東京都北区議会議員の吉岡けいた(無所属、無会派)です。 NHK受信料問題について、地方議員が政策として考え取り組むべき必要があるのかどうか? 結論から申し上げれば、「今、地域課題として取り組むべき」と考えます。 現状とその理由をお伝えします。   まず、そもそもNHKとは国営の放送局ではなく、政府から独立した公共放送事業体であり、放送法の規定により設立された法人です。 NHK職員は公務員 …

^