地域課題を考える活動に力を入れます! 東京リカバーズ#2

東京都北区議会議員の吉岡けいたです。

各種団体、町会自治会、地域組織の新年会が区内で多々開かれています。

今年は参加する新年会は少なくし、セレモニー参加よりも地域課題の解決について考える事が出来る打ち合わせ、ボランティア、行事への参加に時間を使うように変えています。

新しいことに取り組み、挑戦すれば必ず古いしがらみと 利権に関わる団体、関係者からの反発はあります。去年末に行った町会自治会関係者へのアンケート実施についても、「おかしなことをするな」的なご意見も2件ありました。

地域の声を集め、新しい仕組みづくりを提言する事が区議の仕事です。反発の声が10件あっても、応援賛同の声がその数倍ある可能性がある有意義な活動に取り組みします。

 

今後、神谷一丁目を回り、「地域課題を考える会」の参加を呼びかけします。今月には町会の新年会が26日にあり、初参加を。3月10日に自身の北区改革集会への参加、協力者集めを始めます。

3月10日土曜日  13時30分から2時間

場所  北とぴあさくらホール

地域活動、北区で防災、健康、地域づくり、趣味の活動をしている様々な団体、活動者が交流でき、情報共有と相互支援できる仕組みづくりを進めます。

忙しくなりますが、形式的な新年会、お酒を飲んで挨拶するだけで中身が無いセレモニーだけでは地域は変わりません。

地域を変えていくことは、東京改革、日本全体の社会改変につながります。

具体的には地域を回り、事業所、町会関係者、企業、商店、住民の方に地域を考える会合への参加を呼びかけます。

ここから、地域防災、地域振興、町会改革、こどもの見守りと学校問題を考えていきます。

参加者は数名でも5名以内でも、まず地域から始める事が重要です。

問題は集まる場所の確保があります。

なお、本日は神谷一丁目の古紙回収作業日でした。当方はボランティア参加。今後も出来るだけ地域の活動に参加いたします。

新規の町会参加者集めが重要ですね。


^