地域課題を考える会の開催を目指します。

東京都北区議会議員の吉岡けいたです。

今、北区の地域を歩き、自身の取組政策の説明を進めています。

考えているのは「地域課題を考える会」の開催です。

北区議会議員として3年間取り組み、北区議会改革検討に向けた問題提言、議会と委員会における最多の質疑数を実践してきました。

しかし、議会内だけで、どれだけ発言と指摘を重ねても、議会の外である地域での信頼を得て、知名度をあげなければ、結局は数の力で行動と発言は抑えられてしまいます。

よって、まず地域課題を考える会を区内で開催し、多くの住民意見と要望を集めていきます。

その視点の一つに「介護予防・日常生活支援総合事業」の取組があります。

団塊の世代が75歳以上となる2025年をめどに、医療•介護•予防•住まい•生活支援が一体的に提供される地域包括ケアシステムの構築が必要です。

そのためには、地域のボランティア、防災リーダー、町会、住民有志、各団体が協力し、支え合う仕組みづくりをすることが求められます。

この仕組みを国(厚生労働省)が提唱し、都と北区も事業設定に向け予算を考え、人材育成を始めています。

しかし、行政任せでは、結局、それが成功しなければ住民に負担が来ます。

そうならなよう、地域課題を考える会をつくり、まずは地域で顔の見える関係づくりを始めていきます。

なお、この活動の中で当方の活動ポスター、個人演説会のお知らせポスター掲示を合わせて地域の皆様にお願いして回ります。

顔の見える地域関係を創ると同時に、自身の顔と名前も知っていただければと考えています。ご理解の事お願いします。

北区の地域について新しい仕組みを創るため、是非、ご協力をください。

昨日は神谷1丁目全域を回りました。今週の土曜日、4月14日は神谷2丁目を回ります。

神谷、王子、豊島、志茂、東十条、中十条、上十条、十条仲原と多くの地域を歩きます。

現在は、地域課題を考える会と「北区政アンケート」を作成中です。完成すれば、チラシとアンケートの配布を行いながら回ります。

北区地域を良くするために、日々、できる力で邁進します!

地域課題を考える会は、まだこれからの会です。決まった開催日時、場所もありません。

地域課題に関心があり、無償でも地域貢献にしたいという人が集まらなければ開催できません。逆に、そうした有志が3人でも集まれば、場所と日時は決めていけます。

 

 


^