北区議会議員 吉岡けいた 12月活動状況と方針すべて公開します!

東京都北区議会議員の吉岡けいたです。

ブログカウントダウン100に挑戦中。92回目。

2017年12月4日現在の、自身の活動状況と今後予定をすべて情報公開します。

区議会議員の仕事、活動は情報公開が少なく、理解されていない状況があります。

自身について、できる限りの説明を行うことで、少しでもご理解いただければと考えます。

<会派について>

区議会における会派とは、所属政党が同じであったり、同じ意見や考えを持った議員が集まり、政治活動を行う単位です。

自身は北区議会において、会費に属せず、一人で活動しています。この場合、会派でないため、無会派という立場になります。

所属政治団体については、自身が先月に結成した「国民の命を守る会」という団体所属として区議会事務局に届け出しました。

今後、自身の北区議会における表記は「無会派(国民の命を守る会所属)」となります。

 

<議会公務について>

本日12月4日で第四定例会が終わり、議会公務としてのスケジュールは自身についていえば予定がありません。

12月と1月は、忘年会、新年会という場で、各地域団体の皆様と意見交換をすることになります。ただし、自身が国政政党所属ではなくなったため、忘年会と新年会参加については最小限に抑えての活動となります。

公務としては来年2月の本会議開催(第一定例会)までスケジュールはありませんが、議員としての活動を以下の通りの方針で行います。
<議員活動として>

1.2018年3月の予算特別委員会における質疑の用意。

来年3月の予算特別委員会(略して予特)の委員となります。自身が、区内各団体・組織から要望と意見を集める活動を行います。事業、予算、仕組み、審議会、行政計画について、いただいた意見と情報、要望をもとに新年度予算について質疑を重ねます。

2.自身の政策実現に向けた活動

自身の政策は、「地域の支えあい組織を創ること」「高齢者見守りについて地域連携を進めること」「北区議会改革を進めること」「地域防災を強化すること」です。

この政策実現に向け、地域団体と意見交換を進め、各団体・個人からアンケートにより意見と情報を集めていきます。また、行政(北区と他市区)に調査を行い現状の課題点についてまとめる活動を進めていきます。

3.上記1と2を実践するため、駅頭や人が集まる前での街頭区政報告(メガホンを利用。迷惑にならない程度の音量とする配慮をします)、調査結果と政策をまとめた区政レポートの区内配布(ポスティング街頭での配布)を進めていきます。

 

<2018年の取り組みについて>

会派所属(北区の場合、会派は自民党、公明党、共産党、民進の4つ)であれば、区議会だより新年号に新年のあいさつと取り組みを掲載できます。

しかし、無会派議員は区議会だよりにあいさつと所信が掲載されないため、ここで表明します。

2018年の議会ではすべて個人質問を行うべく、日々、多くの団体、住民と接し一人でも多くの意見と声を集めていきます。

すべての意見・要望を行政に求めることはできませんが、集めた声と自身の政策形成の中で整理し、北区改革に向けた組織づくり、問題解決できる仕組みの構築を進めさせていただきます。

なお、地方議員は年賀状における挨拶状を送付することができないことをご理解ください。

また、多くの意見を集めるため、多くの団体、区民の皆様にアンケート送付、北区改革のための集会参加のお誘い、協力の依頼などを送付することを、今月から来年にかけて多く予定しています。

送付先情報として、選挙管理委員会に申請して閲覧する選挙人名簿の情報を利用させていただくことを検討しています。

あくまでも、区政課題を解決するため、政治活動を行うために閲覧することのご理解をお願いします。

なお年末の過ごし方として、消防団や町会活動としての年内警備、12月31日の王子の狐行列行事における深夜までの警備の仕事を予定しています。

今後とも、新しい挑戦、地域課題解決に向けた創意工夫を行ってまいります。

 

 


^